スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#outkaiでカイの悪口をツイートする人について

seventeenウォヌの少女時代を誹謗中傷する書き込みが想像していたより酷くて驚きました。
小学生がやったといっても、六年にもなってあの悪質なコラ写真と誹謗中傷は、
アイドルとしてではなく、一人の人間として軽蔑するレベルです。 
元オークション詐欺をはたらいたテヨンとは類友と思われます。 


せぶちペンの反応を検索していたら、
ウォヌ擁護の意見がほとんどでした。 
まあ、ペンなのでそれもいいでしょう。 


問題はウォヌに便乗して他のアイドルを叩いてる人がわりと多くいたこと。 
EXOのカイも叩かれていました。 

outkai.jpg 


スポンサーリンク




せぶちペンってクソだなと思って、アカウントを見てみると、別にせぶちペンでもないようで、ツイートはほとんどカイの悪口で溢れかえっていました。 
更にツイートを遡ると、EXOが好きだった、カイが好きだったことが分かる痛々しいツイートが出てきたのです。 


ハッシュタグを使ってアンチ活動をやっている人たちを一概に悪いと私は思えないんですね。
永遠に悪口、誹謗中傷を続けるわけにはいかないし、
ある程度自分の中の毒を出し切ってしまったら疲れてアンチ活動するのも面倒になるはず。 



いくらハッシュタグ使って日本語で文句言ってても、
カイ本人には少しも伝わってないだろうし、
自分の行動の空しさにそのうち冷めるでしょう。 
アンチアカウントの人が必ずしもウォヌのように人間的に悪いわけでないし、
リアルの生活ではそれなりにいい子かもしれません。 


好きだった気持ちを裏切りと感じて、
悲しみより怒りの方向にベクトルが向かってしまったのでしょう。 
そういう気持ちを私は察してしまいますけど、悪口を繰り返しツイートする行為を吊し上げて、みんなの前に晒し者にする行為こそ、いかがなものかと思うのです。 


あなたの正しさを主張して注目されたいという自己顕示欲も分かるけれど、弱った相手を踏みつけ晒し者にした上で正しさを主張することは、
はたして「正しい」のでしょうか? 
安易にアンチアカウントを責める気にはなれないし、
アンチアカウントを吊し上げて晒し者にする「正義の鉄拳」こそが人を追い詰めることもあります。 


今回はっきりしたことは、せぶちのウォヌが心根の腐った人間ということで、
テヨンの類友にふさわしいということです。

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。