スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディオ、「純情」が似合う男

ギョンちゃんが出演する映画のタイトルが「純情」で、
「純情」というフレーズがこれほど似合うEXOメンバーはギョンちゃんしかいないと思う。


do (4)

ディオは映画「純情」(監督:イ・ウニ、制作:JUPITER FILM)で初主演というプレッシャーを乗り越えなければならなかった。「純情」はラジオの生放送中にDJに届いた23年前の過去から来た手紙で、現在と過去を行き来する切ない初恋と5人の友達の友情を描いた作品で、ディオは病気のスオク(キム・ソヒョン)のそばを黙々と守るボムシル役を演じた。




病弱な少女をただ見守ることしか出来ない不器用な愛なのでしょうか。
見た目では分からないけれど、何となくギョンちゃんは恋愛に不器用であってほしいという希望。

スポンサーリンク




ボムシル役を演じたディオは劇中でのキム・ソヒョンとの傘のキスシーンについて「実際にキスをすることはできなかったので、残念だった。
相手役が6歳も年下のソヒョンだったので、面白かった」とし「観客の反応が気になる。
これまではなかった傘のキスなので」と明るく話した。

(記事:「純情」EXO ディオ“傘のキスシーン、実際にキスができず残念だった”)




ギョンスは実際にキスできなくて残念かもしれないけど、
ファンは安心してますので^^
do (1)


俳優っぽいポーズを頑張ってとるギョンちゃん。
do (2)


足を組み慣れてなくて、無理して頑張ってます感が溢れてしまうところが、
もう、「純情」だよ!!
do (3)

ギョンちゃんのインタビュー記事→EXO ディオ「ものすごく恋がしたい…ただ機会がないだけ」


スポンサーリンク

Theme: EXO - Genre: アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。