スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スホにセクハラをしたと疑われ女芸人が謝罪させられる

ニュースを見て思ったことを小ネタみたいな感じで書く記事を、
これからはちょくちょく出していこうかと思う。

芸人であり、女優でもあるホン・ユンファさんが「スターキング」収録現場で、
スホさんへセクハラをした(太ももを触った)として、一部のファンが騒ぎ出した。
ホン・ユンファさんは丁寧に謝罪するも、一部のファンが許さず、
結局、数度に渡り謝罪を繰り返すことになったという話。

120810_exo_SM-Exhibition_suho_02.jpg
赤みがかったくるくるした髪と
雪のように白い肌と愛くるしい笑顔が、
白雪姫のようなスホさんが可愛い。
この頃のスホさんが一番好きだ。


以下、思ったこと考えたことをつらつら。


スポンサーリンク




ニュースに話を戻すと、
”一部のEXOファン”は、自分が警官になってパトロールでもしてるつもりなのか?
”一部のEXOファン”の言いたいことは、「スホさんにセクハラした!!酷い!!!!!許さないから!!!」じゃないですよね。
本音は「スホさんの太ももに触るんじゃないわよ!私だって触りたいのに、何であんただけ触ってるんだよ!ふざけんじゃねーよ!!許さないから!!!セクハラで訴えてやる!!!!!」でしょ。


セクハラ呼ばわりされたホン・ユンファさんが気の毒でしかないわ。
EXOファンも、「これでまたEXOファンが怖いとか痛いとか言われる…」と顔をしかめたはず。
やってることは当たり屋とかわらない。
こんな”一部のEXOファン”のせいで、EXOファンが当たり屋みたいに思われることになるとは、
”一部のEXOファン”は他のEXOファンに対してどう責任取ってくれるのか?


EXOファンに限らず、
一部のK-POPペンはモデルや若くて綺麗な女優が、
仕事で自分の好きな韓国のアイドルが共演することに切れてる人がいる。
「セクハラ」だとまで言い出して大騒ぎしないまでも、隙あらば叩こうと待ち構えてるようにも見える。
そのくせ、テレビで女芸人と共演しても喜んで応援しているのは、
共演がきっかけで恋愛関係になることもないという安心からだ。
太っている、不細工など、自分より見下せる相手だから応援する。
スタイルがいい、美人など、自分がなりたくてもなれない相手だと徒党を組み一斉に叩く。


比べてみると、やってることは五十歩百歩かもね。


こちらの記事も合わせてどうぞ。
「【スホ】130824:ある日のショタなスホさんが可愛い」
「【スホ】140614:神々しい美しさ。EXO The Lost Planet in 中国②」
「スホさん、イケメンなのに人気がない問題」

韓国男性に恋してはいけない36の理由
by カエレバ


スポンサーリンク

Theme: EXO - Genre: アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。